泣きっ面に蜂が刺し、笑う門には福来る


by jastur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

寂しい改造内閣!?

ついに新しい内閣が発足しましたね。
サプライズだの、改革だの色々言われましたが蓋を開ければ・・・

今回組閣の焦点として、郵政民営化に協力的な人事を行うとのことでしたが
本当にYesマンがそろいましたね。

う~ん、Yesマンがそろった会社や組織は大体まともな方向に進まないというのがセオリーですが・・・ (ナベツネ君しかり)

あえて、民営化反対を声高に叫ぶ議員を内閣に入れ、彼の意見が変わるほどの意義と目的を示す、度量の深さを見せて欲しかった思ってしまう。

また、相談役に山崎拓氏を任命した理由はわからないでもない。

最近の首相は孤独といわれている。

「覇気がない」「大丈夫か?」と中曽根元首相にも言われるほど。

それもそのはず、話し相手がいないとか・・・

愚痴を聞いてくれた、塩ジイも今はなく、
おそらく話し相手がほしかったと考えられても仕方がない。

食事も、一緒に取る人間がおらず、秘書と二人で取っているとか・・・

為政者やトップは「孤独との戦い」といわれるとはいえ、あまりにも寂しすぎる状況なのかもしれない・・・

★この記事が参考になった方はこちらをクリックお願いいたします。
[PR]
by jastur | 2004-09-27 21:07 | 政治