泣きっ面に蜂が刺し、笑う門には福来る


by jastur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

嘘・ホント? 今回の選挙戦予測・・・

<<本当か? 嘘か?>>

・綿貫氏が始める新党は2段、3段の構えだそうで、
 順次人数を増やしていくやり方だそうです。

 この政党の核心は実は綿貫さんの名前にあります。
 綿貫「民輔」、すなわち国民を助ける政党、ということです。


・選挙の数理分析のプロによる詳細な分析でも自公で過半数は無理、
 山崎拓などは落選の見通しのようです。


・小泉政権が崩壊したら過去4年間の捏造された好景気、
 米国優越性バブルに踊らされた金融機関などはエベレストの山頂に
 取り残されて下山道を断たれたような状況になります。

 それで3年後に国債の大量償還が待っていますから、
 いよいよ大混乱の幕開けです。


・米国は郵貯の350兆円が手に入ることが絶対に譲れない。

 米国金融運営のカギであると同時に日本の金融を破綻に
 追い込んで、竹中大臣だけでなく、日銀、外務省北米局、
 金融庁をコントロールして 日本のおいしい財産をどんどん
 いただいてしまう計画を練り上げていたようです。

 その絶対のカギである郵貯が米国に渡らないわけですから、
 彼らが先に壊れるのではないでしょうか。


・民主党は内部で依然モメモメのようで、スキャンダル打ち合いの
 可能性もあり、パワーが出ません。



・国民新党のHPはhttp://www.kokumin.biz/です。

 内政権まで米国に奪われたのを取り返そうという話です。

そのためにはいよいよ奥の手しかありません。

 日本の政府に陣取って外国の手先をやっている連中ともろともに
 整理するしかありません。

 目先の利害と屁理屈にたけた人が一番危険です。


政局もいよいよ断末場を迎えようとしております。

  まさに今後のリーダーとなりえる人をぜひ選ぶ
 選挙じゃないでしょうか?

 選ぶ基準は 政党じゃなく個人の資質です。


 今回の選挙では、おそらく与野党共に、単独政権は厳しいでしょう。


 政界は、小さな政党がキャスティングを決める結果、

 混迷を極める内閣が誕生しそうな気配です。


 今回の選挙の争点は

 郵政でもなく、改革でもなく、


 <<『誰を地域のリーダーに選ぶか?』>>


 これにかかってきそうです。


 どんな世の中になろうと


 「自分自身がダイヤモンドとして光輝けば石ころの中でも輝きます」

  光り輝く人でありたいものです。



こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
by jastur | 2005-08-26 00:25 | 政治