泣きっ面に蜂が刺し、笑う門には福来る


by jastur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
昨年まで、まったくといっていいほど、取り上げられることが無かった「韓流」の流れ。

去年から不思議に思っていたら、今日ふと思いついたことがあります。


なぜ、「韓流」なのか?


最近の日本の社会情勢は、どうもアメリカ的になりすぎたのではないでしょうか?


  勝ち組か? 負け組みか?

  大きな政府か? 小さな政府か?

  正しいか? 正しくないか?

  改革か? 改革しないか?

  民営化か? 官のままか?



白黒つけたがる、文化に嫌気が差し、古き日本が持っていたような癒しを求めているような氣がします。


その象徴ともいえるように、ファンの方々は、どちらかというと中高年の方が多いですよね。


ガラス張りは必要ですが、日本には昔から、古き良き「グレーゾーン」が存在していたのではないでしょうか?


 間を取る、中立の心


グレーゾーンがあまりにも、減ってしまった社会情勢に、儒教の国からやってきた、癒しのスマイルがたまらなかったのかもしれません。


「ジェンダーフリーだ」、「セクハラだ」、「禁煙だ」、「過個人情報保護法」、「完全成果主義」



どうも、最近 ギスギスしすぎて、白黒つける文化が、日本の文化になじまず、日本人が違和感と疑問をなんとなく、感じてるんじゃないでしょうか?



あんまり、白黒つけすぎると、人間がさつになるような氣がするんですよね。


だって、世の中どっちでもいいことの方が多いと思いませんか?


あくまで、推測の域は出ないんですが・・・


こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
# by jastur | 2005-09-01 23:58 | 社会

問題山積み・・・

日本は、選挙で郵政民営化ばかり、言ってますが正直、世界中で大変なことが起きてますね。

国家戦略の行き詰まりと選挙


日米同盟が強くなりすぎたために、色々な亀裂や問題点が生まれてしまっていることについて、書かれています。

6カ国協議をはじめ、「戦後の後」問題など・・・


ある意味、郵政どころじゃないようです。


まだ、見ていらっしゃらなければ、どうぞご覧ください。

国家戦略の行き詰まりと選挙


色々な情報から、独自の視点で話をされる田中氏ならではといった感じです。


こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
# by jastur | 2005-09-01 23:41 | 政治

官から民官へ・・・

いきなりですが・・・

田舎の郵便ネットワークを、民間で維持するのは正直無理かと思われます。


税金を投入しない、現行の郵政事業の体制でも、特定郵便局が減らされる方向に動いているため、民営化後は年間2兆円の基金を積んでも、減る一方でしょう。


国鉄が民営化後JRで不採算路線を大量に廃止したのを見れば明らか。


電車は、車で代わりがきいても、金融機関のインフラはそうは行きませんよ・・・


「じゃあ、車で離れた郵便局なり銀行に行けば・・・」


そんな声聞こえてきそうですが、車が無かったり、運転できないお年寄り、も多いんです。また、高齢化すればそれだけ事故の危険が増えるのも事実。


その場合、わざわざお金を払ってタクシーを使うしかない。


まあ、

「そんな山間部はほっとけば・・・」

 なんて話になるかもしれないんですが、そこに人がいて、山や畑が管理されて、治水灌漑が成り立ったりしているのも事実です。


その経済効果はかなりのもの。

郵政は今のところ税金投入してないわけですから、プラスプラスの関係です。


今の法案で民営化すれば、マイナスマイナスの可能性大。


ある意味、

「官から民へ」 と 名前だけ民をつけた


『官から民官』 となりそうな気配。


理想を言えば「半官・半民」 ぐらいがちょうどいいんじゃないですか?


そういう視点から見ると、民主党案が妥協していそうで、まともなようにも思えますが・・・


正直、おかしいでしょ!


一番、日本の郵政民営化を要求している アメリカの郵便局は国営です!



こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
# by jastur | 2005-08-27 00:19 | 社会
最近、「大きな政府」「小さな政府」という言葉が飛び交ってますが

・「中ぐらいの政府」

・「ちょうどいい政府」 ってのはないんでしょうか?

疑問です・・・



こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
# by jastur | 2005-08-26 00:59 | 政治
<<本当か? 嘘か?>>

・綿貫氏が始める新党は2段、3段の構えだそうで、
 順次人数を増やしていくやり方だそうです。

 この政党の核心は実は綿貫さんの名前にあります。
 綿貫「民輔」、すなわち国民を助ける政党、ということです。


・選挙の数理分析のプロによる詳細な分析でも自公で過半数は無理、
 山崎拓などは落選の見通しのようです。


・小泉政権が崩壊したら過去4年間の捏造された好景気、
 米国優越性バブルに踊らされた金融機関などはエベレストの山頂に
 取り残されて下山道を断たれたような状況になります。

 それで3年後に国債の大量償還が待っていますから、
 いよいよ大混乱の幕開けです。


・米国は郵貯の350兆円が手に入ることが絶対に譲れない。

 米国金融運営のカギであると同時に日本の金融を破綻に
 追い込んで、竹中大臣だけでなく、日銀、外務省北米局、
 金融庁をコントロールして 日本のおいしい財産をどんどん
 いただいてしまう計画を練り上げていたようです。

 その絶対のカギである郵貯が米国に渡らないわけですから、
 彼らが先に壊れるのではないでしょうか。


・民主党は内部で依然モメモメのようで、スキャンダル打ち合いの
 可能性もあり、パワーが出ません。



・国民新党のHPはhttp://www.kokumin.biz/です。

 内政権まで米国に奪われたのを取り返そうという話です。

そのためにはいよいよ奥の手しかありません。

 日本の政府に陣取って外国の手先をやっている連中ともろともに
 整理するしかありません。

 目先の利害と屁理屈にたけた人が一番危険です。


政局もいよいよ断末場を迎えようとしております。

  まさに今後のリーダーとなりえる人をぜひ選ぶ
 選挙じゃないでしょうか?

 選ぶ基準は 政党じゃなく個人の資質です。


 今回の選挙では、おそらく与野党共に、単独政権は厳しいでしょう。


 政界は、小さな政党がキャスティングを決める結果、

 混迷を極める内閣が誕生しそうな気配です。


 今回の選挙の争点は

 郵政でもなく、改革でもなく、


 <<『誰を地域のリーダーに選ぶか?』>>


 これにかかってきそうです。


 どんな世の中になろうと


 「自分自身がダイヤモンドとして光輝けば石ころの中でも輝きます」

  光り輝く人でありたいものです。



こちらをクリック(Blogランキング)いただけると、元気が出ます。いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m 
[PR]
# by jastur | 2005-08-26 00:25 | 政治